カンキョーダイナリー

紙で環境対策室がお届けするオウンドメディア

丸ごと食べ切り 夏野菜レシピ | 暮らしのアイデア帖

丸ごと食べ切り 夏野菜レシピ | 暮らしのアイデア帖

毎日のお料理でたくさん出る、野菜の皮や葉、茎、芯など。どこまで食べられるのか分からず、何となく捨ててしまっていませんか?
普段野菜くずとして捨ててしまっている部分、じつは捨ててしまうのはもったいない!普段食べている部分以上に栄養素が含まれていて、さらに風味や食感が良い場合も多いんです。

 

今回は夏野菜を丸ごといただく、栄養たっぷり、節約にもなって、さらに食品ロス削減までできちゃうレシピをご紹介します。

野菜を丸ごといただいて環境対策

丸ごと食べ切り 夏野菜レシピ_イメージ

 

野菜の食べられる部分を食べ切ることは、地球温暖化への影響が大きいと言われている食品ロス削減に繋がります。

 

地球温暖化は、地球の気温が上昇し気象災害や海面上昇などをひきおこす環境問題です。2023年には「地球沸騰化」が流行語大賞にノミネートされるなど、事態は急速に深刻化しており世界的な課題になっています。

そんな中食品ロスは、地球温暖化への影響が大きいと言われている問題の一つ。食品は生産から消費されるまでに、私たちが想像する以上にたくさんのエネルギーを必要とします。さらに、食品ロスとなって廃棄されてしまう場合にも二酸化炭素やメタンガスなど、温室効果ガスが排出されてしまうのです。

 

日本では年間約523万トンの食品ロスが発生し、そのうち約47%は家庭から発生しています。
家庭から発生する食品ロスの原因のひとつである「過剰除去」は、年間34万トンも発生しているため、普段野菜くずとして捨ててしまっている部分でも、調理し食べることで、食品ロス削減に大いに貢献することができるといえます。

 

\食品ロスについて知る/

 

\旬の食材は地球にやさしい?/

意外なものまで食べられる 夏野菜レシピ

夏野菜は手間が少なくたくさん採れるため、家庭菜園でも人気です。皮ごと食べられる野菜も多いですが、実は意外な部分まで食べることができる場合も!

 

今回は夏野菜を丸ごと食べ切るレシピをご紹介します。スタッフが実際に作って食べてみました。

 

 

\来年は栽培にもチャレンジ?/

野菜を丸ごと活用して美味しく環境対策

丸ごと食べ切り 夏野菜レシピ_イメージ

 

栄養満点、節約にもなり、しかも味も豊かな野菜くずレシピ。美味しく食べられて、そのうえ食品ロス削減にも取り組めます。

 

今回は意外な部分を食べられる夏野菜レシピをご紹介しました。味付けを変えればより一層楽しめるので、いろいろ試してみて、お好きなレシピを見つけてみてください。
野菜くずを活用した、美味しく手軽な環境問題対策。ぜひ毎日の生活に取り入れてみましょう!

 

\レシピのまとめはこちら/

 

\使いきれなかった野菜くずはコンポストへ/

 

\環境にやさしい野菜の生産方法って?/


参考・引用文献

環境省|食品ロスポータルサイト

厚生労働省 e-ヘルスネット|野菜、食べていますか?

農林水産省|「食育推進全国大会inとやま」資料

厚生労働省|緑黄色の葉野菜を中心にプラス1皿

文部科学省|食品成分データベース

文部科学省|日本食品標準成分表2015年版(七訂) 第2章 6 野菜類

文部科学省|日本食品標準成分表2015年版(七訂) 第2章 7 果実類

フーズリンク|旬の食材百科

丸ごと食べ切り 夏野菜レシピ | 暮らしのアイデア帖

エシカルを広めよう!

  • Facebook
  • LINE


\この記事をシェア!/

  • Facebook
  • LINE

We♡カンキョーダイナリー

共に環境対策に取り組む企業様

このページの先頭へ