「ゴミ清掃員の日常」ダイナリーBOOKS#10

「ゴミ清掃員の日常」ダイナリーBOOKS#10

環境ライブラリーでは、これからの地球のために、自分ごととして環境問題に取り組むキッカケとなれるよう、カンキョーダイナリー(環境>)おすすめの本や映画などをご紹介していきます。


読むと分別したくなる!?
異色のコミックエッセイ

ゴミ清掃員兼芸人が、ゴミだけでなく話題も収集!

お笑い芸人とゴミ清掃員。家族を養うため、二足のわらじで働く著者のマシンガンズ滝沢秀一さん。私たちの知らないゴミの常識から、ゴミ清掃員ならではの笑える“あるある”、清掃員仲間のホロっとくるエピソードまで。Twitterで何気なくつぶやいていた、「ゴミ清掃員の日常」が、本になりました! 

たかがゴミ、されどゴミ

使い終わったシャンプーボトル…何ゴミで出していますか?何気なく集積場に出しているゴミ。回収されたゴミはどうなるのか、なぜゴミを分別しなければならないのか。軽い気持ちで出していたゴミの行き先に、こんなにもたくさんの人の人生が交差していたなんて…!

目を疑うようなゴミにまつわるエピソードも、著者の目線で描けば、ほっこり笑い話に。普段顔を合わせないゴミ清掃員の日常を知ることで、あなたのゴミの出し方もきっとかわるはず!

【目次】

  • - ゴミ清掃員、ときどき芸人
  • - こうしてゴミ清掃員になった
  • - 初めての清掃作業
  • - ゴミ清掃員になってから知ったこと
  • - 神ゴミ
  • - 周期
  • - みなさんの近所の集積所は?
  • - 引っ越し
  • - 執念
  • - 不法投棄〜酒編〜
  • - おとうさん
  • - ペットボトル工場
  • - ゼロ円弁当
  • - 分かるゴミと分からないゴミ
  • - おはぎ日和
  • - ゴミゼロ
  • - 散らかす犯人
  • - ヒーロー
  • - 地域の品格
  • - カップラーメン
  • - 可燃ゴミの臭い
  • - ペットボトル分別勘違い
  • - ゴミの種類
  • - ゴミ清掃員の非日常(前編)
  • - ゴミ清掃員の非日常(後編)

  • - コラム[ゴミ清掃員の心情]

【著者紹介】

原作・構成:滝沢秀一[タキザワシュウイチ]

1976年、東京都生まれ。1998年に西堀亮とお笑いコンビ「マシンガンズ」を結成。「THE MANZAI」2012、14年認定漫才師。2012年、定収入を得るために、お笑い芸人の仕事を続けながらもゴミ収集会社に就職。ゴミ収集中の体験や気づきを発信したツイッターが人気を集め、話題を呼んでいる。


まんが:滝沢友紀[タキザワユキ]

本作では、作画を担当。マンガを描いたことはない。1971年、生まれ。2008年5月30日(ゴミゼロの日)に滝沢秀一と結婚する。

【商品詳細】

出版社:講談社

発売日:2019/5/30 第1刷発行

言語:日本語

単行本(ソフトカバー):128ページ

Share On

  • Facebook
  • LINE
このページの先頭へ