「プラスチック・フリー生活」ダイナリーBOOKS#1

「プラスチック・フリー生活」ダイナリーBOOKS#1

環境ライブラリーでは、これからの地球のために、自分ごととして環境問題に取り組むキッカケとなれるよう、カンキョーダイナリー(環境>)おすすめの本や映画などをご紹介していきます。


地球を想う人へ! プラなし生活実践ガイド

まずはプラスチックを知ろう!

今、世界中で注目をあびているプラスチックごみ問題。
実は地球環境だけでなく、私たちの健康にも被害を及ぼしかねないことを知っていますか? 本書では、生活の中で使われる15種類のプラスチックを、添加されている化学物質とともに徹底解説。
プラスチックはどこから来たのか?一体何者なのか?私たちは一体どれほどのプラスチックに囲まれて生活しているのでしょうか?

プラなし生活を今日から実践したい人におすすめ!

原著は、カナダ在住のシャンタルとジェイの「Life Without Plastic」
プラスチックフリーな生活を続ける2人が実践している、簡単な6つのステップを踏むことで、プラスチックの日用品を8割減らすアクションをご紹介。
また、さまざまなプラスチックの代替品についても紹介し、なるべくプラスチックを使わずに生活するためのアイデアやヒントがぎっしりつまった、プラスチック・フリー生活のための実践ガイド。決定版です!

【目次】

  1. まずは問題提起
    ―なぜ私たちは「プラスチック・フリー」に向かったか?
  2. スタートガイド
    ―ものすごく簡単で、最大限の効果を生む6つのアクション
  3. われらがプラスチックの正体
    ―プラスチックはどこから来たのか?一体何者なのか?
  4. 日用品に潜む危険性
    ―身近に使われる15種類のプラスチックについて
  5. 実践編 -プラスチックを追い出す
    ―より健康的な家づくりにむけて
  6. プラスチック・フリー生活を広める

【著者・訳者・解説者紹介】

著者:シャンタル・プラモンドン(Chantal Plamondon)/ジェイ・シンハ(Jay Sinha)

オンラインショップ兼情報サイト<Life Without Plastic>を夫婦で創設し、安全、高品質で地球に優しい、プラスチック日用品の代替品を提供している。カナダのケベック州ウェイクフィールド在住。シャンタルプラモンドンは、ケベック州出身の環境保護ビジネス起業家、弁護士。マギル大学、オタワ大学大学院を経て、モントリオールHEC経営大学院を修了。エシカル・ビジネスを志す。ジェイ・シンハは、マニトバ州出身の環境保護ビジネス起業家。大自然に魅せられ、小学校6年の研究課題で酸性雨について調べたことをきっかけに環境保護に目覚める。ウェスタンオンタリオ大学で生化学を学び、優秀な成績で卒業。マギル大学法学部を卒業後、コンコルディア大学で生態毒性学の学位を取得。


訳者:服部雄一郎(はっとりゆういちろう)

翻訳家。慶應義塾大学環境情報学部を経て、東京大学総合文化研究科修士課程修了(翻訳論)。葉山町役場でごみ担当に配属され、ゼロ・ウェイスト制作に携わる。フルブライト奨学金を得て、UCバークレー公共政策大学院に留学後、ゼロ・ウェイスト関連の国際NGOスタッフとして南インドに滞在。2014年、高知にて、よりサステナブルで自由な生き方の実践をスタート。妻と共に、食まわりの活動「ロータスグラノーラ」主宰。おもな訳書にベア・ジョンソン「ゼロ・ウェイスト・ホーム」(アノニマス・スタジオ)


解説:高田秀重(たかだひでしげ)

東京農工大学農学部環境資源学科教授。環境中における微量有機化学物質の分布と輸送過程をテーマに、河川、沿岸域、大気、湖沼など、地球表層全般を対象に、国内外をフィールドとした研究を続けている。2005年からは、世界各地の沿岸で拾ったマイクロプラスチックのモニタリングを行う市民科学的活動「international Pellet Watch」を主宰。また。国連の海洋汚染専門家会議のグループメンバーとして、世界マイクロプラスチックの評価を担当。日本水環境学会学術賞、日本環境化学会学術賞、日本海洋学会岡田賞、海洋立国推進功労者表彰(内閣総理大臣賞)など受賞多数。共著書に「環境汚染化学」(丸善出版)がある。

【商品詳細】

出版社:NHK出版

発売日:2019/5/25

言語:日本語

単行本(ソフトカバー):304ページ

Share On

  • Facebook
  • LINE
このページの先頭へ