カンキョーダイナリー

紙で環境対策室がお届けするオウンドメディア

ゴミ清掃芸人マシンガンズ滝沢秀一|日本のゴミの「マジなこと」

ゴミ清掃芸人マシンガンズ滝沢秀一|日本のゴミの「マジなこと」

気持ち次第でゴミは減らせる。ゴミ清掃員が教えるゴミの出し方

日々回収する中で気になるゴミの出し方は?

コンビニで買ったおにぎりとか弁当とか焼きそばとか、そのまま捨ててありますね。バーベキューか何かで買って、食べれなかったら捨てればいいや、みたいなことなんでしょうね。あとはペットボトルの回収の日にシャンプーの容器とか。そういうのは間違えやすいのかもしれないです。ゴミのことって誰にも教わってないですよね。パンフレットだけ渡されて。だからしっかりゴミ分別のやり方とか教育の機会を作るべきだと思いますね。


マシンガンズ滝沢秀一

プラスチックなんかはよく汚れたまま出されていて、「出さないより出した方がエコだろう」って思うんでしょうけど、我々の世界だとそれを手作業で袋ごと全部捨てなきゃいけないんで、そうなると出さない方がマシなんですよね。

滝沢さんご自身が生活で実践しているゴミ出しの工夫はありますか?

気付いて欲しいのは、ゴミと資源が違うってことですよね。意外とみんな「資源ごみ」って言うんですけど、うちらの世界で資源ゴミって言うと意外と怒られたりするんです。まずは可燃ゴミを減らすことが大事で、それが何かって言うと「分別」なんですよね。

紙もなんとなく可燃ごみに捨てちゃうんですけど、これが資源となるとまた紙として再び生まれ変わる。でも燃やしちゃうと灰になって本当にゴミになっちゃう。気持ち次第で「ゴミ」と呼ばれるものが減らせて、また再生される。そういう ことをやってくれると嬉しいですね。

 

\資源を分別するべき理由/

家庭でも生ゴミは水を切って捨てた方が良いと言われるのはなぜですか?

マシンガンズ滝沢秀一

パッカー車って圧縮しながらゴミを回収しているんです。ギューって雑巾を絞るみたいに。各家庭の絞っていない生ゴミの排水が混じり合うとすごい臭いんですよ。それを我々の世界では「ゴミ汁」って呼んでいるんですけど、これがかかると一日中臭いんです。

で、我々も大変ですし、あとは結局焼却炉って火で燃やすから、水を燃やしているようなものなんですよね。なので燃えにくいっていう問題があって。より長く燃やすということは、CO2をより排出するし、エネルギーも加えなきゃいけないので。それが税金でまかなわれている。あんまりいいことはないんですよね。みんながやればほんとに税金って節約できるんです。

生ゴミの水分を絞りゴミ処理時の燃料やCO2排出量の削減が期待できる水切り袋「シンクリン」実際に手にとって頂いてどんなポイントにメリットを感じますか?

マシンガンズ滝沢秀一

実はこれ使ってるんだよね。コンポストももちろん使っているんですけど、排水溝のところの細かいゴミを入れるのに便利ですよね。こういう商品があるっていうのを知ってもらいたいです。水を切ると回収するゴミもだいぶ違います。袋を持った時の重さで分かります。清掃車で運ぶ時も重くないですからね。

 

\超時短でサステナブル/


 

【次ページ】「全部こうなってほしい」脱〇〇のアイデアとは

3/4ページ

ゴミ清掃芸人マシンガンズ滝沢秀一|日本のゴミの「マジなこと」

エシカルを広めよう!

  • Facebook
  • LINE

\この記事をシェア!/

  • Facebook
  • LINE

We♡カンキョーダイナリー

共に環境対策に取り組む企業様

このページの先頭へ