「脱使い捨て でいこう!」ダイナリーBOOKS#14

「脱使い捨て でいこう!」ダイナリーBOOKS#14

環境ライブラリーでは、これからの地球のために、自分ごととして環境問題に取り組むキッカケとなれるよう、カンキョーダイナリー(環境>)おすすめの本や映画などをご紹介していきます。


私たちが利用していいのは1個分の地球のみ!

全地球でとりくむべきプラスチック問題

ついに日本でも義務化されたレジ袋有料化。使い捨てのプラスチックが原因と言われている、海洋プラスチックごみ問題や地球温暖化問題を重く受け止め、世界の国々で脱プラスチックへ向けた取り組みが広がっています。でも、その取り組みは本当に成功しているのか?各国の事例から今後取り組むべき、脱使い捨ての方策が見えてきます。

地球の使い過ぎを避けて持続可能な消費と生産を

プラスチック製品は加工面やコスト面から考えても、とても便利で使い勝手がよいのは言うまでもありません。だた、その便利さを追求したために引き起こされた地球規模の環境問題。私たちに与えられた地球は一つ分しかありません。ちょっとの不便も楽しみながらライフスタイルを見直し、ポジティブな気持ちで一歩を踏み出すための一冊です。

【目次】

  • 第1章 なぜ今、脱使い捨て?
  • 第2章 レジ袋を減らす
  • 第3章 ペットボトルを減らす
  • 第4章 使い捨て品を減らす
  • 第5章 過剰包装を減らす
  • 第6章 長く使う、修理する、シェアする
  • 第7章 食品ロスを減らす
  • 第8章 私たちが選ぶ未来

【著者紹介】

著者:瀬口亮子[セグチリョウコ]

早稲田大学大学院法学研究科修了。国際環境NGO FoE Japan(フレンズ・オブ・ジ・アース)職員を経て、現在、NPO法人環境市民理事・研究員、水Do!ネットワーク事務局長、環境カウンセラー。主に廃棄物・3Rおよび気候変動・エネルギーの分野において、国内外の法制度や取り組み事例の調査研究、提言活動を行う。また、キャンペーンの企画運営、環境教育、環境のまちづくりに向けた連携コーディネートなど、様々な主体と協働で現場活動を展開している。

【商品詳細】

発売日:2019/2/19

言語:日本語

A5判:174ページ

出版社:彩流社

エシカルを広めよう!

  • Facebook
  • LINE
このページの先頭へ