「サステナブルファッション」エコを始めよう #23

「サステナブルファッション」エコを始めよう #23

サステナブルファッション

サステナブルファッションは、衣服の生産から着用、廃棄の全ての過程において、地球環境や社会に配慮した取り組みのことを言います。ファッション産業では、国際的に見ても環境負荷が非常に大きいことが課題となっています。一方、日本ではまだ限定的な取り組みとなっているため、環境省を筆頭に国をあげての取り組みに注目が集まっています。


今回は、熱血新入社員紙化はじめくんに、環境問題に詳しい先輩営業大昭和えこさんが、サステナブルファッションについてわかりやすく解説します!


「サステナブルファッション」エコを始めよう #23

ファッションもサステナブルの時代!

大昭和えこ 最近はファッション雑誌や洋服屋さんでも「サステナブルファッション」というワードを目にすることが増えたね。
僕も洋服を買うときは、できるだけ長く楽しめるような丈夫で着回しやすい服を選ぶように気をつけています!あとは、古着もサステナブルですよね。 紙化はじめ
大昭和えこ そうだね。はじめくんのように先のことを考えて買い物をしたり、今持っている洋服を大切にすること、古着のようにリユースしたり、ゴミとして処理せずにリサイクルすることは誰でも簡単に取り入れやすい「サステナブルファッション」だよね。
他にはどんな取り組みがあるんですか? 紙化はじめ
大昭和えこ どんな原料や製造方法で生まれた商品かを商品タグであったり、企業やブランドのサイトを見て選ぶことも大切ですよ。
なるほど! 紙化はじめ
大昭和えこ お家にいながらでも通販で簡単に楽しくお買い物できる時代だけど、環境を意識した商品選びをするだけでも地球に優しいんだよ。
そうですね。これからは、どんな思いで作られた商品なのかにも注目してみます! 紙化はじめ
「サステナブルファッション」5つの心得

動物にも環境にも優しいヴィーガン・レザー

大昭和えこ 原料に配慮した製品の一つとして注目されている「ヴィーガン・レザー」って知ってる?
初めて聞きました!どんな製品なんですか? 紙化はじめ
大昭和えこ 「ヴィーガン・レザー」は、動物の皮を使わないレザーのこと。合成皮革、人口皮革などを指し、フェイクレザーと呼ばれることもあるよ。なかでも、りんごパイナップルぶどうとうもろこしといった植物由来のレザーが注目されているんだよ。
りんごやパイナップルから革製品が作れるなんて驚きですね。でも、使い心地はどうなんですか? 紙化はじめ
大昭和えこ 見た目や質感、それに香りまで本当の革製品みたいなんだよ。CO2排出量も動物性の素材よりも約7倍も少ないと言われているから、まさに環境にも動物にも優しいレザーだね。
それは素敵ですね。財布、トートバッグ、リュック、靴などメンズ、レディース問わず、多くの人が革製品を使うので、製造メーカーの配慮だけでなく、私たち消費者一人一人が意識した買い物をすることも大切ですね。 紙化はじめ
大昭和えこ カンキョーダイナリーでも、廃棄りんごから生まれた「アップルレザー」を使ったApple Charmの取り扱いを始めたよ!引き続き、他の植物を活用した「ヴィーガン・レザー」にも注目していこうね。
はい!環境省のサイトを見て、ヴィーガン・レザーをはじめとする「サステナブルファッション」についてもっと勉強していきます! 紙化はじめ
植物由来のヴィーガンレザー

(参考)環境省「サステナブルファッション」 LOVST TOKYO ホームページ

Share On

  • Facebook
  • LINE
このページの先頭へ