なぜ、ゴミ袋を紙に変えるべきなのか。企業に求められる環境との向き合い方

なぜ、ゴミ袋を紙に変えるべきなのか。企業に求められる環境との向き合い方

カンキョーダイナリーを運営する大昭和紙工産業も参加している「WOOD CHANGE PROJECT」の公式サイトのコラムにて、代表(齊藤 了介 | 大昭和紙工産業株式会社 代表取締役CEO / 紙で環境対策室長)と一般社団法人more trees水谷氏(水谷伸吉 | 一般社団法人 more trees 事務局長)との対談インタビューが掲載中です。ぜひ御覧ください。

 

 

WOOD CHANGE|コラムvol.7
なぜ、ゴミ袋を紙に変えるべきなのか。企業に求められる環境との向き合い方

対談内容はこちら

Share On

  • Facebook
  • LINE
home
このページの先頭へ